スポンサーリンク

2016年4月28日木曜日

韓国空軍主力戦闘機 F-15K スラムイーグル

韓国軍の最新鋭機F-15Kスラムイーグル



http://defenceforumindia.com/forum/threads/boeing-delivers-two-f-15k-slam-eagles-to-south-korea.20707/ より

F-15Eストライクイーグルをベースに韓国仕様にした最新鋭機

日本が導入しているF-15Jイーグル(F-15C,Dベース)に比べて地上攻撃能力を強化してあります。

F-15Eストライクイーグルは元になったF-15B/Dとの外見の差はほとんどありませんが、搭載量の増加や期待寿命延長のための再設計は機体構造勢隊の6割に及び、電子装置類の大幅な更新と合わせると、内部はほぼ別の機体になっています。

コンフォーマルタンクと呼ばれる固定増槽を装備した副次効果で得た多数のハードポイントと、F-15譲りの充分な余剰推力により得た兵器搭載量の大きさと良好な対空戦闘能力を誇る機体です。

左がコンフォーマルタンクを装備した状態
http://strike-eagle.s10.xrea.com/cft.html より
F-15KスラムイーグルはF-15Eストライクイーグルに独自の改良を加えた韓国専用モデル

エンジンは韓国国内でのライセンス生産
全部胴体や主翼等、機体の一部は韓国国内で製造されている。

兵装面ではAIM-9Xの運用能力を標準で備えているほか、北朝鮮対策としてハプーン空対艦ミサイルとSLAM-ER 空対地ミサイルの運用能力が加えられ、対艦攻撃能力を得た事でより一層の多目的かを果たしている。

せっかく使えるようになったSLAM-ERミサイルの誘導電波に問題が・・・


SLAM-ER空対地ミサイルを誘導するためのデータリンク周波数帯はすでに韓国内で第3世代携帯電話のIMT-2000で仕様されていました。しかも韓国の携帯電話の事情から周波数帯がすでに枯渇状態となっていた為に韓国空軍はボーイング社とSLAM-ER誘導電話周波数変更などの協議を行いました。
しかし、周波数の変更には約100万ドルの費用と1年の期間を必要とするために、
有事の際は携帯電話回線を停波させる事を決定しました(笑

約1億円(約100万ドル)を惜しみ、有事には庶民の携帯電話を使えなくするとは斜め上の発想ですね。
携帯電話を使えなくしないと、ミサイルの誘導失敗の可能性があります・・・


役立たずのデータリンクシステム


F-15K にはデータリンクシステム リンク16対応の統合戦術情報伝達システム(JTIDS)を搭載していますが、地上とは現時点ではまだ地上側設備が整っていないためにデータリンク不可。

データリンク可能なのは4機導入して1機のみしか稼動していない  ボーシング737 AEW&C機、海軍のイージス艦のみというぼっち仕様になっています。


不運なF-15K 事件録

導入直後に事故で1機を失いましたが、その後も事故続きです。

マンホールに撃墜されるF-15K

http://prcm.jp/list/F-15K%20マンホールにはまり撃墜(笑)
離陸のために滑走路を地上滑走(タキシング)中にマンホールに右のタイヤが落ちる・・・

原因を調査すると

滑走路のマンホールが手抜き工事だったことが発覚→
国防関連の工事会社が手抜きをして国家の財産に傷を与える

国防よりぽっけないないで不良工事をするのは韓国文化ですね(苦笑


空軍少将が地上滑走(タキシング)中に緊急脱出

空軍少将が後輩操縦士を教育のためにF-15K に登場、タキシング中に非常脱出装置を誤って操作し、滑走中に空中に飛び出すという冗談のような事件が発生!!

後輩に「最先端武器体系運用戦術」を教育するための過程だったそうです。


この空軍少将はF-5で飛行経歴3000時間のベテランだそうですが、F-5とF-15の緊急だ出装置の場所が違うために操作を誤ったそうです。

いくら機種がちがっても緊急脱出装置がどこかは登場前に確認しておきますよね。
なんで言い訳をしているんでしょうか?

このヒューマンエラーでの被害総額は10億ウォン(約1億円)にも上がるそうです。

最新鋭機F-15K 絶賛共食い整備中!!    F−15K最強の敵は共食い整備?

韓国軍は兵器の整備保守に力をいれない(やらない)事で有名ですが、

最新鋭機 F−15Kでも部品を同一機種から外し、一時的に融通をする「使い回し」「同類転用」「共食い整備」が横行して常に5−6機ほどが部品がないために飛行不可状態。

でも韓国では『月に1度飛べば稼動機』のため、部品を共食い整備して月に1回は飛行をしているという(苦笑

整備士はがんばっています。
でも英語が読めないから F-15K整備マニュアルが読めません・・・


予算不足で買えないミサイル  せっかく買った中距離ミサイルAIM-120は米軍管理

有事の際に必要なミサイル類の備蓄は3日分短距離ミサイルのみ

しかも、せっかく買った中距離ミサイル、AIM-120  AMRAAMはアメリカに信用されていないようで米軍基地管理で有事の際に提供を受ける予定。


信頼って大切ですよね〜



日本を攻められない仕様

F-15Kスラムイーグルの地図データには日本が入っていないそうです。

どうやらアメリカ政府が本気で韓国の日本への攻撃を心配されているらしい・・・


同盟国アメリカに信用されていない国、韓国





0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース