スポンサーリンク

2017年6月18日日曜日

米海軍イージス艦衝突事故 7人の遺体見つかる 乗組員か  

米海軍イージス艦衝突事故 7人の遺体見つかる 乗組員か


アメリカ海軍のイージス艦がフィリピン船籍の貨物船と衝突した事故は、海軍兵7人が行くへ不明になっていましたが、7人の遺体が船内から見つかりました

事故の原因調査と再発防止が望まれます。


イージス駆逐艦フィッツジェラルドは横須賀に回航されました。
フィッツジェラルドはBMDミサイル防衛能力をもつイージス艦で、北朝鮮のミサイルからの防衛の一翼を担っているとみられています。

フィッツジェラルドの穴はローテーションを見直す等をして埋めるとみられています。



米イージス駆逐艦とコンテナ船衝突 乗組員7人が行方不明





詳細は以下ニュースサイト リンク先よりご覧下さい

2017年6月11日日曜日

民進またも不信任案を出す予定 蓮舫代表 テロ等準備罪を廃案に 不信任案の時期探る

民進またも不信任案を出す予定 蓮舫代表 テロ等準備罪を廃案に 不信任案の時期探る



民進党はまたも内閣不信任案を出すそうです
安倍総理、内閣がどんな対応をしても出すのは変わらないんでしょうね

それを行ってテロ等準備剤を廃案にはできないんでしょうが、
民進党として対案を出さない代わりの
「私たちは反対をしました!!」
という実績づくりのようです。


詳細は以下ニュースサイト リンク先よりご覧下さい

アメリカ軍のオスプレイ 無事に奄美空港に緊急着陸

アメリカ軍のオスプレイ 無事に奄美空港に緊急着陸


沖縄海兵隊のオスプレイが飛行中に計器が異常を示したために奄美空港に緊急着陸をしたそうです。

被害等は発生していません。
オスプレイは異常が発生したらしっかりと情報をパイロットに提示して
事故を未然に防ぐ仕組みが充実しているようですね。

この報道でオスプレイの安全性がまた一つ証明されたのではないでしょうか?




詳細は以下ニュースサイト リンク先よりご覧下さい

2017年6月10日土曜日

6月9日の気になったニュース リンク集 

6月9日の気になったニュース リンク集です


サッカーAFCの済州の暴力行為の結果
暴行を行った選手に3ヶ月の出場停止
退場後、試合終了後に主審を押した選手に6ヶ月の出場停止
済州へ罰金
浦和にも罰金
選手への出場停止は予想通りもしくは、出場停止期間は短いぐらいだけど

浦和にも罰金が科されたのは納得がいかないです
映像を見る限り浦和は被害者だったのに


槙野選手が逃げたのは正解だと思いました
済州の選手が槙野選手への暴行を成功させていたら、その選手もより大きな制裁を受けていたことになる
あんなことで暴行を受けて怪我をするのは馬鹿らしいですよね。


韓国に配備されたアメリカ軍のTHAAD
ですが、THAAD配備地の周辺にデモ隊が集まり、燃料等の物資搬入を妨害しているそうです。

アメリカ軍はヘリで燃料を搬入しているとか・・・・

さらに、ドローンが侵入して警備側は銃撃を行ったそうです

どうみてもスパイのような気がします

韓国も守られるはずの防衛ミサイルTHAADをここまで妨害するのは???
ですが、沖縄でも同じような光景を見た気がするのは???
勘違いだといいですけど、きっと同じ構図なんでしょうね

こういう妨害行為で得をするのはどの国かを考えると、背筋が寒くなります



6月9日の気になったニュース リンク集 

2017年6月8日木曜日

北朝鮮地対艦ミサイル発射 弾道ミサイルでなく安全保障に影響なし

北朝鮮地対艦ミサイル発射 弾道ミサイルでなく安全保障に影響なし


北朝鮮が6月8日朝、地対艦ミサイルを発射しました
弾道ミサイルではないので日本への直接の影響はないとの事ですが、
アメリカ空母が日本海からいなくなった後でのこの発射はどうみても挑発行為ですね

北朝鮮のチキンゲームはまだまだ続きそうです



2017年6月6日火曜日

アメリカ空母2隻 日本海を離れる 北朝鮮への警戒は継続

アメリカ空母2隻 日本海を離れる 北朝鮮への警戒は継続



アメリカ海軍の空母2隻カールビンソンとロナルドレーガンが日本海を離れました

2隻は日本海で北朝鮮への示威行動としの演習を行っていました

これで北朝鮮情勢は少し落ち着くのでしょうか?
空母が日本海を離れて北朝鮮が核実験をしないのか?

注目が集まります



アメリカと敵対している国はアメリカの空母が2隻も自国周辺に展開していたら
おそろしくて精神的にすり減るでしょうね・・・





2017年6月2日金曜日

犠牲者36人にも拡大 フィリピン カジノ襲撃 重大な凶悪犯罪

犠牲者36人にも拡大 フィリピン カジノ襲撃 重大な凶悪犯罪


フィリピンの首都マニラのカジノ リゾートワールドで発生した銃撃、放火事件は
一夜が明けて36人の死体がカジノの2階・3階部分から発見されました

当初多数の怪我人が発生したのみで死亡者の発表はありませんでしたが
深夜に始まった事件にもかかわらず、朝到着したレスキュー隊が死体を
発見したという報道もされています



政府の発表によると犯人は外国人の男でカジノでお金を失ったことを恨みに思った
カジノジャンキーで、アサルトライフルを手に警備員の制止を振り切ってカジノに侵入
ライフルを大型テレビに向かって発射した後、
カジノテーブルにガソリンを撒いて放火
カジノチップを奪った後、換金ができないことに気がつき
カジノチップの保管所入り口にも放火
警察の特殊部隊に追われてホテルの部屋に逃げて自殺

との事で、死亡した36人は犯人の銃撃ではなくパニックになり将棋倒しになり、
一酸化炭素中毒で死亡したと報道されています

東南アジアのニュース